旅について

会社勤めの頃に比べ、出張の回数はかなり減りましたが、1回1回の重みが増す今の出張。

お勤めの頃の出張時は手を抜いていたということは勿論ありませんが、今は自身が経営しているしている会社の経費で出張に出ているということを更に自負している為、その分パフォーマンスを出さなければと緊張感も伴います。

何度か大型出張も回数を重ね、交通手段に滞在する場所、滞在日数に滞在中のスケジュールなど、自分に一番良い組み合わせができて来た様に感じます。


自分でビジネスを始めて常に感じている事は、「時間」が本当に限られた資源である事。

「時間」だけはどんなにお金を出しても買うことはできません。

一方で「時間を有効に使う手段」はお金を出して買うことができます。

ただ、お金を出して購入した「時間を有効に使う手段」を上手く活用できなければ、それはただの無駄遣いと同じ。そんな風に感じています。


勤め時代の出張時は駅や空港からホテルまでの移動とホテルからオフィスへの移動のみで終わっていました。仕事で行っているので当たり前と言うと当たり前なのですが、私はこれが少し勿体無い様に感じていました。

短く無いプライベートの時間を費やして移動して、仕事だけして帰る。。。勿論、早朝や夜に自分の時間を僅かに取ることは可能ですが、現実的には何もできないことが多かったかと思います。


そして同様に、自分のビジネスを始めてからも最初の数年は同じ様な出張スタイルでした。

それが先日、福岡へ出張に出向いた時、ほんの少しだけいつもと変えてみようと思い、あることを試して見ました。


その日は朝一の便で出発。いつもは10時くらいの便でしたが、その日は到着が9時過ぎの便を取りました。もともと一泊二日程度の出張の日は朝に慌ただしく準備をして出掛けるので、朝に何か一仕事できる訳ではありません。なので、思い切って出発を早くして、早く到着して、現地で気になっていた場所に行ってみようと思ったのです。

9時過ぎに到着して、タクシーでホテルへ。荷物だけ預けて、10時オープンの目的地へと向かいました。

場所は:白金茶房 


朝一のカフェは静かで、仕事をするにも適していました。



ここで一度いただいて見たかったパンケーキを食べながら一仕事。



家はいつもより早く出ましたが、午後の約束の時間までゆっくりと現地で仕事ができるだなんて、新しい発見でした。


その後、ホテルが少し早めの時間帯にチェックインさせてくれたので、少し身体を休めてから夕方の打ち合わせと会食に出掛けました。


いつもの出張より時間に追われている感じもなく、身体も辛く無い。


翌日も早朝から起き、早々にチェックアウトして、パソコン1つ持ってまた別の気になっていたカフェへ足を運びました。

帰りの便は夜の便でしたので、午後の予定まで仕事をして、予定が終わったのが午後16時過ぎ。夜の便までまた時間ができたので、行きたかった公園まで足を延ばして見ました。

平日の午後にこんなにゆっくりと気持ちの良い公園で散歩をして過ごす。。。

ベンチに座って、のんびりと公園を見渡しながら、次はどんな事をしようかと考えを巡らせる。案外こんな時に、次のビジネスに繋がる良い案が浮かんだりもします。



パソコンの前で難しい顔をして座っている時よりも、こうして外に出て、自然の中で考えると身近なところからのヒントを拾えたりします。


出張中に仕事以外の時間を作るのは、公私分けられない様で嫌だと感じた事もありますが、今は自分自身が仕事の中心となっているので、どんな事でもプラスになるのであれば、固定観念を捨ててトライしてみようかなと思いました。


先日の福岡出張はとても有意義で、その後、仕事も兼ねてソウルへも行って来たのですが、その時の話はまた別途書かせて頂きたいと思います。








TRUE LUXURY

TRUE LUXURY株式会社はお一人お一人がご自分だけのプランを立てるお手伝いをする「ライフプランニング」や「ヨーロッパ陶磁器・ハンドメイド雑貨」オンラインショップ販売を行い、皆様により心地良い暮らしのご提案を致します。本当の意味での「豊かな暮らし」を浸透させ、健康的な消費に繋げることにより、更に良質で洗練された社会となるよう貢献致します。

0コメント

  • 1000 / 1000